ミニ鉢屋 TOP > 陶器鉢の産地 > 信楽焼
信楽焼
信楽焼の産地
信楽焼は滋賀県甲賀市でつくられており、中世焼締めの六古窯に分類されます。時折街中で見かけるたぬきの置物も、実は信楽焼なのです。
歴史の始まりは今から1300年前にまで遡ります。壷を焼きだしたのは鎌倉時代あたりだと言われていますが、窯は奈良時代から引き継がれてきたものでした。室町時代に入り、茶の湯の文化が流行り始めた頃に、茶人・武野紹鷗に信楽焼の趣深さを気に入られ、茶道具として使われるようになったそうです。
信楽焼の歴史
桃山時代になり茶の湯の流行が落ち着くと、その頃茶陶を焼いていた信楽焼も徐々に下火になっていきました。しかしその後再び壷や火鉢を焼くようになり、明治時代に作られ始めた 海鼠釉(なまこゆう)の火鉢が再び人々の注目を呼んだのです。
信楽の里には「木節粘土」と呼ばれる黒色粘土と、「蛙目粘土」と呼ばれる白色粘土の二種類が豊富に眠っています。信楽の土は鉄分が少ないため、これらをそのまま整形し焼き締めると赤い焦げが出るのです。秋色を思わせる哀愁漂う色と、表面のざらざらとした質感は信楽焼の大きな魅力になっています。
信楽焼鉢
信楽焼から感じる力強さ
信楽焼鉢
実は、三重県伊賀市でつくられている伊賀焼と信楽焼は同じ土を使用しています。そのため似ている点が多いのも事実です。しかし桃山時代に入った頃から形状に違いが出始めました。信楽焼に使われている土は、耐火性が強く様々な形に形成しやすい適度な粘性を持っています。そのため、たぬきの置物を初めとした大小様々な焼きものも作り出すことができたのです。
信楽焼の中でも特に有名なのが大甕(おおがめ)です。信楽焼の中でも最大級の大きさで、威厳すら感じられる表情しています。赤褐色が全体に良く出ており、肩部に降り掛かった灰は胡麻状になっています。「ウニの抜け」と呼ばれる小さな穴があるのも特徴です。色の濃淡が鑑賞者に炎と土の力強さを感じさせてくれることでしょう。
信楽焼の楽しみ方
信楽焼は決して赤褐色のものばかりではありません。美しく滑らかな黒や白を出すものもあります。小ぶりなものも多く、植木鉢として使用する方も多いようです。土の良さが大切に活かされた信楽焼は、植物と美しい色のコントラストを演出します。また通気性と保水効果に富んでいるため、植物の根に十分な呼吸と水分を与えることができるのです。高温で焼かれているため、寒い北国の激しい温度差にも耐えることが出来ます。現在では山草鉢、草物鉢、風蘭鉢など、用途に合わせた信楽焼もつくられているので、自分の要望に合った鉢を厳選するのも楽しみの一つになるでしょう。
信楽焼鉢
人気の信楽鉢
信楽焼
信楽焼
信楽焼
信楽焼
信楽焼
信楽焼
信楽焼
信楽焼
信楽焼
信楽焼
信楽焼
信楽焼
すべての信楽焼鉢を見る
  1. ←常滑焼を見る
  2. 瀬戸焼を見る→
  1. 送料について
  2. ■の日は定休日となります。お問合せ・発送などはお休みさせて頂きます。
  3. 営業カレンダー
  4. 問い合わせについて