ミニ鉢屋 TOP > 陶器鉢の産地 > 瀬戸焼
瀬戸焼
瀬戸焼の産地
瀬戸焼は愛知県瀬戸市でつくられており、中世焼締めの六古窯に分類されます。六古窯の中でも、古くから只一つ釉薬を施されていた高級品でした。瀬戸市は瀬戸物(せともの)の名称で親しまれる焼き物の産地です。せとものという言葉はいつの間にか広く陶器を指すことばとして使われるようになりましたが、それだけ瀬戸の焼き物が古くから素晴らしい出来であり多くに人が手にしたことが伺えます。
瀬戸焼の歴史
 瀬戸焼の始まりは13世紀後半だと言われています。焼き物の産地として古墳時代から700年以上名を挙げていた猿投窯(さなげよう)から別れた東山窯がルーツになっているようです。  鎌倉時代、焼き物の世界では焼き締めが一般的になっていました。しかしそんな中、瀬戸は中国を模して釉薬をかけた祭器や茶器を焼いていたのです。残念ながら当時の仕上がりは中国の模倣でしかなく、質の面で中国の焼き物と肩を並べることはできませんでした。しかしこの時の試行錯誤は後の瀬戸焼の発展に大きく帰することになります。やがて瀬戸焼きは中国の模倣から離れ、日本的な趣のある表情を出し始めるようになったのです。瀬戸焼はやがて中国に次ぐ高級品として重宝されるようになります。この時の瀬戸焼は「古瀬戸」と呼ばれ、織田信長にも好まれていたそうです。14世紀に入ると、表面に草花の装飾や文様、貼花などの技法が使われるようになり、表現はより一層豊かになっていきました。  
瀬戸焼鉢
瀬戸焼が有名になるきっかけ
瀬戸焼鉢
江戸時代の後期になると、陶器だけではなく磁気が現れ始めます。陶器は「本業焼」、磁気は「新製器」と呼び分けられるようになりました。当時瀬戸焼の本業焼では、赤津焼を初めとした様々な陶器が発明されていましたが、主流はやがて陶器から磁気になっていったそうです。やがて呉須の藍色での花や動物、風景などの細かい染め付け技法を用いるようになり、瀬戸焼は更に認知度を上げていきました。大量生産と値段の調整にも成功したことで、今もなお健在の知名度と日用品としての親しみやすさを誇っているのです。
瀬戸焼の特徴
瀬戸焼は古くから釉薬を施していました。昔は灰釉、鉄釉薬、古瀬戸、黄瀬戸、志野、織部、御深井という7種類があったそうですが、現在では瀬戸焼から生まれた赤津焼がその伝統を受け継いでいるそうです。長い歴史を持つ瀬戸焼だからこその移り変わりを、焼き物の様子から読み取ってみるのも良いかもしれません。  瀬戸焼の良さは今も昔も、高級感がありつつ受け入れやすい素朴さです。現在では植木鉢としても使用されており、部屋のちょっとしたインテリアとして重宝されています。シンプルで滑らかな質感がこぶりな植物とよく合います。花や鳥などの装飾が施された器は、焼き具合によって色に濃淡が出るのも特徴の1つです。昔は高級品と言われた瀬戸焼も、今では手頃な値段のものも多く存在します。植物と置き場所を考えた上で、手触りを楽しみながら器を選んでみるのも良いでしょう。
瀬戸焼鉢
人気の瀬戸鉢
瀬戸焼
瀬戸焼
瀬戸焼
瀬戸焼
瀬戸焼
瀬戸焼
瀬戸焼
瀬戸焼
すべての瀬戸焼鉢を見る
  1. ←常滑焼を見る
  2. 萬古焼を見る→
  1. 送料について
  2. ■の日は定休日となります。お問合せ・発送などはお休みさせて頂きます。
  3. 営業カレンダー
  4. 問い合わせについて