ミニ鉢屋 TOP > 陶器鉢の産地 > 九谷焼
九谷焼
九谷焼の産地
九谷焼は石川県加賀市でつくられており、江戸の色絵・磁器に分類されます。江戸時代初期の1655 年から、磁器の名産地として全国に名を知らしめていました。五彩(赤・黄・緑・紫・紺青)や金欄手、青手などが用いられていることが特徴で、時代と窯によって様々な印象を与えます。
九谷焼焼の歴史
九谷焼が始まったきっかけは、加賀の支藩で大聖寺藩の初代藩主だった前田利治が九谷の金山で磁鉱を見つけたことでした。そこで練金の役だった後藤才次郎に佐賀県有田で製陶を学ぶように命じ、九谷で窯を始めるに至ったのです。  九谷焼の最も大きな特徴は、見るものを魅了する鮮やかさです。群青色の釉薬・呉須で線描きがなされ、更に「日本の油絵」とも評される五彩の絵の具で厚く色をつけています。絵柄でよくみられるのが山水や花鳥です。中国の山水画に影響を受けていると言われていますが、よく見ると独自の趣も見受けられます。まるで大きな紙の上に描いているような大胆さと細部に宿る繊細さが印象的です。加賀百万石の誇り高さがここにも表れていたのかもしれません。有名な作品としては、古九谷山水図丸紋平鉢があります。  しかし、1730年頃九谷焼は一度窯を閉じてしまいます。明確な理由は未だに分かってはいませんが、この頃焼かれたものが古九谷と呼ばれているものです。日本の色絵磁器の代表格として、鮮やかさと力強さを高く評価されています。ただし古九谷には諸説あり、一説では佐賀の有田で焼かれていたものなのではないかと言われています。まだ真相解明にはいったっていませんが、どうやら有田で古九谷の陶片が発見されたのだそうです。 1800年代に入ると、九谷焼再興が始まります。金沢で春日山窯が開かれたのです。その後、若杉窯、吉田屋窯、宮本屋窯、小野窯、松山窯と、窯が増えていき、同じ九谷焼でもそれぞれの窯で特徴が見られるようになっていきました。中でも釉目いなのは吉田屋窯と宮本屋窯の手法です。吉田屋窯では青手古九谷の様式を再興し、赤を使わない「青九谷」をつくっていました。宮本屋窯では、赤絵金彩の「赤九谷」が登場したのです。  明治時代になると、九谷庄三の彩色金欄手が一気に名を広めました。海外への輸出が始まったのもこの頃です。一度は窯を閉じた九谷焼でしたが、現在も過去の作風を踏襲した色鮮やかな表現で国内外にファンを増やし続けています。
  1. ←越前焼を見る
  2. 信楽焼を見る→
  1. 送料について
  2. ■の日は定休日となります。お問合せ・発送などはお休みさせて頂きます。
  3. 営業カレンダー
  4. 問い合わせについて