ミニ鉢屋 TOP > 陶器鉢の産地 > 伊賀焼
伊賀焼
伊賀焼の産地
伊賀焼は三重県伊賀市でつくられており、桃山の茶陶に分類されます。土と炎が自然につくりだす傷やひびが特徴的で、その豪快な姿は大名茶人達を虜にしてきました。  伊賀焼と信楽焼の窯場はどちらも三重県と滋賀県の県境にあり、昔は同じ土を使用していました。くは奈良時代からの歴史を持っており、
伊賀焼の歴史
伊賀焼が独自の道を歩みだしたのは桃山時代。成形した器にあえて歪みを出したり、表面にビードロ湯を流したものが登場し始めました。ビードロ釉とは、灰がかかった箇所が青緑色に発色する自然釉のことです。これらは「古伊賀」と呼ばれ、主に水指や花入などに重宝されました。豪快な姿の茶陶も数多く残っています。  伊賀焼に自由な「破格の美」を与えたのは、筒井貞次を筆頭とした歴代領主達でした。筒井貞次は織部焼の創始者、古田織部の門下で、貞次の時代に焼かれた「筒井伊賀」は「織部好み」だったといっていいでしょう。江戸時代になると茶に精通した藤堂高虎が伊勢津藩主となり、三代にわたり焼き物の発展に力を注ぎました。「藤堂伊賀」の誕生もこの頃です。その後も勢いは止まらず、大名茶人、小堀遠州は「遠州伊賀」を作り出しました。茶の湯の心遣いを表すような風合いを、土と炎によって表現したのです。その姿は、まさに自然の美しさが感じられる物でした。
伊賀焼の特徴
伊賀焼は信楽焼と見た目も少し似通っています。江戸時代に今の伊賀焼と信楽焼が分類されました。  古いものほど伊賀焼と信楽焼の区別は非常に難しく、だいたい耳がある茶陶は伊賀焼と判断されます。伊賀焼は耳が着いているものが多かったようです。「伊賀に耳あり、信楽に耳なし」という言葉も残っています。またその他にも、器の表面に表れる黒い焦げや長石の粒も伊賀焼の特徴です。1400度以上の炎で繰り返し焼き締めることによって出現します。「伊賀の七度焼き」と呼ばれるものです。
伊賀焼の名品
古伊賀水指銘「破袋」は、伊賀焼の水差しの中でも名品とされています。膨らんだ胴に自然にできた大きな窯割れが印象的です。しっかりと施された若草色灰釉が背面と底に赤色を出しています。厚手でどっしりとした構えに、伊賀焼の力強さを感じずにいられません。  江戸時代中期になると、伊賀焼は衰退してしまいます。しかし18世紀中頃に瀬戸の釉の技術を取り入れ、伊賀の土を用いた日常雑器の生産を始めます。近年は、陶器の食器や茶陶を中心に多様な器を焼いているそうです。
  1. ←萬古焼を見る
  2. 備前焼を見る→
  1. 送料について
  2. ■の日は定休日となります。お問合せ・発送などはお休みさせて頂きます。
  3. 営業カレンダー
  4. 問い合わせについて