ミニ鉢屋 TOP > 陶器鉢の産地 > 越前焼
越前焼
越前焼の産地
越前焼は福井県丹生郡でつくられており、中世焼締めの六古窯に分類されます。古越前は素朴さと無骨さを兼ね備えた姿が特徴的です。自然釉が茶褐色の肌に独特な表情を作り出しています。
越前焼焼の歴史
越前焼が始まったのは平安時代末期です。それまで須恵器が焼かれていた北陸最大の窯場に、常滑の技術が入ってきたことをきっかけに始まりました。ひも状の粘土を底の淵に巻き上げる「ねじ立て」という技法で造形されており、装飾はほとんどなされません。  一般的に陶器は釉薬を施さなければ水漏れしてしまいます。しかしガラス質を多く含む越前の土は高温で焼成すると非常に堅く焼き閉まり、水が漏れないようになるのです。そのため水甕やすり鉢などに使用されていました。室町時代には全国各地に運ばれる程の可活気があったそうです。  第二次世界大戦後、人々の間に「越前焼」という名が定着しました。近代化によって水甕などが必要とされなくなり一度は存続の危機を迎えますが、昭和23年以降に古磁器研究家によって歴史的価値が見いだされ、今日までその名を轟かせているのです。1970年には越前陶芸村が建設され、伝統工芸品として発展をとげてきました。近年は伝統を守りつつも、縛られすぎない自由な作品も登場しているようです。
越前焼の特徴
 越前焼の特徴は赤褐色の地肌がもつ光沢と、確かな重厚感です。耐火温度が高く質の良い白色粘土を1200度以上の還元焔で焼きあげます。窯の中で降り掛かった薪の灰が溶けると、緑色の自然釉となって美しい表情を作り出すことも大きな魅力の一つです。赤褐色の器肌と繊細なコントラストを描き出し、その様は越前の豪快な景色を思い起こさせるといいます。日本海側の豪雪地帯に住む人々の強さと育まれてきた文化を垣間みれるような作品です。  備前焼の中でも、鎌倉時代に作られた大坪は越前大坪の最高傑作と言われています。福井県の丹生郡にある堂山から出土しました。胴の部分が高温に絶えきれず変形していますが、ひも輪編み成形の痕がしっかり残っており、自然釉の流れが粗らしくも威厳のある風格を醸し出しています。  越前焼と信楽焼、丹波焼はともに常滑焼の影響を受けているため、壷が多く姿も少し似通っています。しかし違いがあるのもまた事実です。備前焼の飾り気のない落ち着いた雰囲気を、ゆったりとした気持ちで鑑賞してみるのもよいかもしれません。
  1. ←備前焼を見る
  2. 信楽焼を見る→
  1. 送料について
  2. ■の日は定休日となります。お問合せ・発送などはお休みさせて頂きます。
  3. 営業カレンダー
  4. 問い合わせについて