ミニ鉢屋 TOP > 陶器鉢の産地 > 備前焼
備前焼
備前焼の産地
備前焼は岡山県備前市でつくられており、中世焼締めの六古窯に分類されます。釉薬をかけずに焼き締めるのが特徴です。赤い土肌を焼く事で生まれる「窯変」の美しさが人々の心を掴んでいます。
備前焼焼の歴史
備前焼のはじまりは平安時代の須恵器です。酸化焔焼成でじっくり堅く焼き占めることで、素朴で重厚な姿をつくりだしています。決して派手ではないが味わいある様は、室町時代の後期に注目されるようになりました。茶人・村田珠光が武家好みの茶道ではなく、より侘びさびに重きをおいた「草庵茶」を唱え始めた影響です。それ以降、江戸時代初期にかけて数多くの備前焼茶陶の名品が作られました。その後、備前焼は茶の湯の衰退と共に下火になりますが、昭和時代になると桃山時代の「古備前」が復興され、再び焼き物の名産地として知名度を上げ始めたのです。
備前焼の特徴
備前焼の土は地元の田んぼから取れる「田土」と呼ばれるものです。細かい粒子と強い粘性が特徴で、冬に土を掘り出し2年程風雪にさらした後、山土と黒土を混ぜて使います。趣のある茶褐色は長時間じっくり焼き締めることで生まれるのです。  備前焼の大きな楽しみは、焼き具合によって器の素地と釉薬に「窯変」が起きる事です。窯変とは釉薬の種類や金属酸化物の含量、火加減による酸化と還元の強弱など、焼成方法の違いから出る器肌の変化のことを指します。同じ窯で同時に焼き締めても、窯の中での微妙な置き場所の違いで見ようが変わってくるのです。窯変の種類としては「桟切」「火襷」をはじめ、赤と茶の焼き色をわざと作り出す「牡丹餅」やざらざらとした質感を出す「胡麻」、青みがかった焼き色を出す「青備前」などが知られています。  備前焼はその表情の豊かさが特徴ですが、中でも人気が高いのは「牡丹餅」です。一部分だけ丸く色が変わっており、よく抹茶碗やとっくりとして用いられます。別名「饅頭抜け」とも言うそうです。
美術品としての備前焼
六古窯の中で、もっとも多くの壷が美術品として保存されているのが備前焼です。江戸時代までは生活実用品として人々に重宝されていました。安定感のある姿、自然釉のかかり方が味であり、岡山県立博物館に貯蔵されている櫛目波状文大坪は特に有名です。ひも造りで成形された後に、へら削りと櫛目波状文が用いられています。ひも造りとは、中世の備前焼で多用された装飾法で、津壷を回転台に乗せ波状文を施文していました。鉄分を多く含んだ粘土が良い赤褐色を出している櫛目波状文大坪は、まさに備前焼の代名詞とも言える作品です。
  1. ←伊賀焼を見る
  2. 越前焼を見る→
  1. 送料について
  2. ■の日は定休日となります。お問合せ・発送などはお休みさせて頂きます。
  3. 営業カレンダー
  4. 問い合わせについて