ミニ鉢屋 TOP > 陶器鉢の産地 > 萬古焼
萬古焼
萬古焼きの産地
三重県四日市市で生産される陶器を萬古焼もしくは万古焼と呼びます。ホームセンターなどで売られている鍋や急須はほとんどが万古焼だったりして実は馴染み深い焼き物だったりします。
萬古焼の歴史
三重県の伝統工芸品に指定されるほど歴史のある萬古焼きですが、今から300年程前にはじまりました。明治時代にはお皿や食器など洋風なものも盛んに作られ輸出もされていたようです。
萬古焼の特徴
四日市市でとれる赤土を活かした風合いと、高密度の焼き上げにより耐熱性が高いのが特徴です。その特徴から土瓶や急須が多く作られています。また、耐久性にもすぐれるため、植木鉢としても古くから使用されてきました。とくに盆栽ばちとしての利用に多く用いられ数々の名木が植え込まれ鑑賞されています。派手さや目を引くような鉢はありませんが、風合いを活かした質素なつくりで、鉢自体は主張せずに植えこまれた木を引き立てます。
萬古焼鉢
  1. ←常滑焼を見る
  2. 伊賀焼を見る→
  1. 送料について
  2. ■の日は定休日となります。お問合せ・発送などはお休みさせて頂きます。
  3. 営業カレンダー
  4. 問い合わせについて